マラソンの感想 |

一般的に多くのランナーが最初にペースを上げ過ぎて後半失速するようなので自分は本著を信じて、後半に力を残して置こうと思いました。フル・マラソンは、30-35kmあたりで「道なかば」と思え、と言われています。ランニング歴2年で、3月にフルマラソンに初めて挑戦するので練習方法などを読み漁っています。

コレです!

2017年03月25日 ランキング上位商品↑

マラソン30キロ過ぎで一番速く走るマラソン [ 小出義雄 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

一方、後半に余裕を残して、最後は全力でいきましょう。2014年こそ、サブ3.5を目標にがんばりたいと思っています。●私はハーフ2時間弱の市民ランナーなので、 実行できるかどうかは、さておき、十分に参考になりました。 そして、最後の1/4か1/5位で、全力で走ることをすすめています。練習方法も具体的に書かれていて解りやすい内容になっています。一度、フル4時間切りを達成しましたが、その後、伸び悩んでいました。この本の前作も含めて、オススメです。実践できるかどうかは僕しだいですが、モチベーションは上がります。「そうだったのか!」と目から鱗でした。 前半は!ゆっくりめで走りなさい!と言っています。●実は著者の小出さんは!ランナーだったのですね!! それも箱根駅伝に出場されるほどの・・・●小出さんは!金メダリストの高橋さんのコーチとして有名ですが! その高橋さんと!神戸マラソンのゴール手前でハイタッチしていただいて! ますますファンになりました。 結局、前半の疲れは、後半に出るし、タイムが落ちる。本書には、具体的なトレーニング・メニューが書かれているので、実践的です。この本を読んで、フルへの「心構え」が変わりました。 最後の全力の疲れは、レース後にでるので、タイムには関係ない。内容がよく購入して良かったと思います。上り坂を探して!自己新記録に挑戦しようと思います。目から鱗な内容が満載で、初心者から上級者まで楽しめる&ためになる本だと思います!基礎編である「マラソンは毎日走っても完走できない」も合わせて読むと更に良いと思いますね♪フルマラソンを始める人には間違い本です。ストレッチをして何とかゴールすることが出来ましたが終始同じペースで走っていたのに「なぜだ?!」と自問自答しているときに見つけたのがマラソン後に購入した小出監督のこの本です。しかし、その後は仕事が忙しく練習できず、参加できませんでした。「ネタばれ」になりますが、フル・マラソンは、心肺機能と脚力の強化が最も重要だとあります。。先日フルマラソンを走りましたが!38キロで完全に足が攣り動かなくなってしました。マラソン前に読んでおけばよかったと悔やんでいます。サブ4、サブ3.5、サブ3のそれぞれの練習方法を提案しつつも、ベースはタイトル通り後半型の走りができることを目標にしています。本書は、そのためのガイド・ブックとして買いました。●ところで! 本書は!要するに!前半はできるだけタイムを抑えて走りなさい。次のマラソンではリベンジしたいと思っています。これを乗り切るために!本書著者の小出先生の教えを忠実に守り!30kmから「ゴボウ抜き」の快感を体験しようと思っています。最近、ランニングを始めフルマラソンにも出場して何か参考書が欲しいと思っていた時に、知人から紹介された一冊です。腹落ちします。「マラソンは毎日走っても完走できない」に続き購入しました。友人に薦めたいと思います。なぜ足が止まってしまったのかその答えが書かれていたのです。我流のレースプランは、この本で、思いっきり”ダメだし”されてました。私は!2009年のホノルル・マラソン(フル・マラソン2回目)でサブ4を達成しました。