読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おトクがいっぱい!?ジョークの購入後レビューです

「船長は、それぞれの外国人に何というか?」遠い昔に聞いたことがあるなあ。日本人って周りをよく見ていますよね。世界から見た日本人の一端が垣間見れて面白いです。

イマが買い時♪

2017年03月25日 ランキング上位商品↑

ジョーク世界の日本人ジョーク集 [ 早坂隆 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

我々のことを世界からこのように思われている・・・的を得ていて笑えるし納得!と思うことばかり。ご覧あれ!!!!!子供が『ヘタリア』と言う漫画の大ファンで、そのからみで購入しました。世界の日本人ジョーク集・・・平成22年6月6日(日)・「熱血!平成教育学院SP」で出題されたネタ本だったので興味を持ち!購入しました。ジョーク集といえども笑ってるだけではいけないなあ。注文がさばけない、処理能力のないお店に該当する可能性「大」です。おもしろいことはおもしろいですが、あまり目からうろこ的なものは感じませんでした。日本人って、こう見られているんだ〜と楽しく読みました。僕らの親、先輩方が培った世界から見た日本へのポジティブな印象を失ってはいけない、といういい意味でのナショナリズムを感じることは出来ると思います。しかしイチローさんはあの国でニンジャ扱いされてるのか。高校生の時に日本の批判か何かだったと思う。色々な事を再確認させられた本です。続きは買って!おおいに笑ってください。確かに・・・。日中関係!日韓関係など対日感情の悪化が叫ばれる中!世界から見た日本という物に興味を持ち始めて購入してみました。読後は「やっぱ特定アジアだけか…」とまあお定まりの安堵感を感じたわけですが、同時にここで描かれている日本人像からだんだん日本人が離れて行っている様な気がします。ナショナリズムって教科書からじゃなくて、こういう物から感じた方が絶対いいですよね(^^)確かに笑えます、特に男女3人で無人島にいたら?というネタは個人的にはニヤリとなります。(笑)日本人が好んで買いそうな「世界では日本人はこんな見方をされている」本。ショップや商品の全体的な判断は総合評価が4.00以上であることが目安の一つです!4.00を下回っているようなショップや商品は熟考して注文してください。首からカメラをぶら下げて眼鏡をかけた出っ歯な人それは・・・日本人?そんな時代はもう過ぎているのでどうかと思うが。どういう風に思われているんだろう日本人として大切な感情です。アメリカ人には「飛び込めば!あなたは英雄です」イギリス人には「飛び込めば!あなたは紳士です」ドイツ人には「飛び込むことが!この船の規則です」イタリア人には「飛び込むと女性にモテますよ」フランス人には「飛び込んではいけません」だって。楽天市場では「レビュー」(商品・ショップ)を確認してみましょう。エントリーで全ショップポイント3倍!ケータイ限定ポイント3倍!楽天カード感謝デーポイント3倍!楽天ブックス全品ポイント5倍キャンペーンがあり、最終的に購入金額の約10%以上がポイント還元されるので、購入を決めました。」イタリア人には「飛び込めば女性にもてますよ。来日した外国人の日本人評と世界での日本人評はちょっと違うようです。到着を待っているところ(お勧め度は期待度です)毎朝の楽しみ「特ダネ!」で取り上げられていて気になって仕方ありません。ステロタイプの国民像が浮き彫りにされています。日本人が世界からは!どんなふうに見られているか・・・話の話題に!子どもの受験ネタに!とにかく面白いですヨ!■ネット販売は!購入にあたって細心の注意が必要です。」etc・・・日本人には「みんな飛び込んでますよ。だから、これを読んで世界からどう思われているか考え笑い飛ばしましょう。では、日本人には?・・・「みんな飛び込んでいますよ」 だって。船長は乗客たちに脱出を指示しなければならなかった。飲み会のつかみにも使えるかも。それよりジョークにおけるほかの国民の扱われ方のほうが興味深かったなあ。暇つぶしの読むのには面白い。ブラックジョークがお好きな方なら必見です。」それぞれの性格の違いをここまで面白く分析しています。帯に書かれた内容をみて買うしかないでしょう!一例として載っているのが!沈み行く客船の船長がアメリカ人には!「飛び込めばヒーローですよ。やれやれ。期間限定ポイント消費で購入させていただきました。読み返しつつ!生活態度を見直してみたいと思います。たまたまTVで紹介されていたので買ってみました。。内容については十人十色なので「評価はさまざま」ですが!「記入済レビューの10%程度で配送関係トラブル」が見られる場合は要注意ショップです。そして外人のことも笑ってあげます^^ある船が沈み始めた。読む価値十分にアリ!!!ぜひぜひオススメです。日本人がどうのように思われているかはこれまで色々バカにされたジョークで表現されていましたが!この本では日本人の優秀さ!生真面目さ(これがタネにされる)を言われるのは如何に日本人が優秀であるかの反面であることがわかります。放送は!知っているものが多かったですが!改めて聞くと笑えながらも考えさせられることが多かったのも事実。 こういうジョークがたくさん書かれている。某巨大掲示板の方々がこの手のジョークをまとめたサイトがあるので!そちらのほうがボリュームがあっていいかも。ただのジョークの垂れ流しじゃなく、分かり易い解説(作者の体験談?)がはさんであるのでより楽しめました。上手く使えば!話の種になる本です。十数年前の日本人ジョークとはまるで日本人像が(時代が)違ってるな〜と感じたので、作者が言うように何年か先にはこの本で日本人として描かれている人物像が韓国人になっているかも…と言うのも納得!ポツリポツリと、ちょっとした時間つぶしに最適の本です。短時間で読める本ですし、休日や移動中の読書なんかにはいいのではないでしょうか。